自分マンダラはあなただけのツール

電圧と電流からのヒント

はるか昔の中学理科で初めて教わった電気の基本。電圧と電流の基本的なことの復習です。

その本質は電圧がPotential(潜在能力)意味し、電流がRealization(仕事の実現)意味しているのです。つまり、100万ボルトの電圧は、それだけではまだ、何も実現していません。電線(導線)で放電することにより、つまり電流となって導線を流れることにより、熱を発生させたり、磁場を発生してモーターを回して、仕事を実現化するのです。
例えば、高圧電線の上にとまっているカラスはなぜ感電死しないのでしょう?Potentialの上に両足で載っているだけで、Realizationが起きていないからです。

ビジネスも、需要と供給の潜在能力を発見し結びつけることが、成功の基本であるといえます。つまり、電圧に相当する需要と供給の潜在能力をコーデイネートして電流を流し、そこにモーターなり、電熱器を仕掛けておけば大きな仕事(成果)が得られるということです。例えば、商社の機能の基本は、この仕組みを巧妙に(?)コーデイネーションするということなのです。
インターネットの発達した今、e-Businessなども、この電圧(需要・供給)と電流(ビジネス・モデル化)のをいかにうまくコーディネートできるかにかかっているのです。特に、電流の流し方、Monetize (有償化、現金化)の仕組みが大きな課題であることがほとんどの場合のようです。しかしどう考えても、インターネットという手段が核になって新たな電圧を発生させるとか、すでに存在することは間違いないことなので、電流の流し方の進化に知恵を使う競争になっているのです。

電圧・電流といった、単なる例え(Analogy)ですが、このように単純化して考えてみるのも、何かのヒントにつながるかも…….。いかがなものでしょうか?

PAGETOP
Copyright © 人間関係は資産 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.