自分マンダラはあなただけのツール

ダムの話

私が大分昔考えた、水力発電のためのダムについて、ダムの理論として説明します。ストックとフローを説明しようとした話です。そして、人間関係資産もストックであることにつなげています。

 1)ダムの仕組み: 山岳地系と水資源に恵まれた日本では、昔から水力発電が盛んでした。水力発電のためにダムを設置し、川や谷川の水をせき止め貯水します。蓄えた水が位置のエネルギーを増やし、まさにストックとなる訳です。そして蓄積し位置エネルギーを高めた水を、高低差を利用して川下に設置した水力発電機の水車に流し込み発電するのです。
なかには、電力需要の少ない夜にいったん放流した下流の水をポンプでダムにくみ上げて、再度ストック化して再活用する揚水ダム、揚水発電といった工夫もされる訳です。

2)たゆまぬ蓄積努力: ダムの水を蓄えるのは、昼夜を問わず枝分かれした谷川の水を溜め込むことであり、まさに我々のたゆまぬ努力の積み重ねに似ています。人間関係資産についてもこの溜め込むことが重要です。日頃から人間関係資産を増やすことを意識して、そのために必要な努力や行動を積み重ねることこそ大切なことなのです。蓄積することは、積分することです。

3)力の発揮はドッとや: 蓄えたダムの水を、高低差を利用して放出しますが、高速で多量な水量であるほど、回る水車の勢いは大きく発電量は大きくなります。人間関係資産についても、このことを意識したほうが、より効果的な資産活用になります。使うときは思い切って使いましょう。力の発揮は、微分値を大きくすることがより有効な結果を引き出すのです。

4)まとめ: ダムの理論と大きく構えた割には、かなり分かりきった基本的なことしか言っていません。しかし、資産も人間関係資産もこの基本的なことがそのまま当てはまるので、そのことを日頃から意識して取り組むことが、将来大きな結果を得るために極めて重要なことに違いありません。もっとも、最近ではダムの斜面に太陽光パネルを敷き詰めて、メガソーラーを作り出すといった用途も開発されてきているようです。新しいエネルギーの開発に、昔作ったダムが新たに活用されることは、とてもすばらしいことです。

下記資料は、私が作成した、あるプリゼン資料からの抜粋です。
スライド5

PAGETOP
Copyright © 人間関係は資産 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.