自分マンダラはあなただけのツール

「人間関係は資産」の実践準備、ここ「自分マンダラ」で始めよう!

人は誰でも、人とのつながりを持つ。つながりは大きな力を秘める。
あなたのつながり潜在
力を相手/社会/自身のために掘り起し、正しく活用しよう!

自分振返りつながり確認明日へのヒント行動し価値創造
人間関係資産を、見える化・増大・活用し、大きな価値を生み出す。その考え方と正しい方法を、井野弘人間関係資産論関連電子書籍で解きほぐす。
人間関係を整理・管理するツール
「自分マンダラ」を本サイトで使い、あなたの人間関係を、資産として自動的に定量化・測定する。本ページ「簡易測定」で概算値も分かる。
井野は人間関係不得意人間。その反省から、若い人達に早く気付いて欲しい。大切さを。
本サイトは、趣味・アイデア等も満載。愛犬デコ、万華鏡写真もご覧を。
★2018/8/4 「自分マンダラ」ログイン方式変更。メニューから進み、お試しください。
★2018年暮に、私、管理人は横浜から横須賀市に移り住みました。「三浦半島あれこれ」の視点で写真付きブログをアップします。4649!

HURA 値(ヒューラ)診断とHURA成長モデル

図201-HURA成長
HURA(ヒューラ)は人間関係資産の大きさを示す人間関係資産量、その単位。井野オリジナル概念。HURAは、「自分マンダラ」を使うと自動的に計算。(簡易HURA値は正式HURA値ではない)HURA階段の意味
あなたのHURA値はいくつ? 今、階段のどこ? ボチボチ昇っていこう。

人間関係資産論 最近出版案内:2018-2019

★新「そだねえシリーズ」継続出版中。人間関係資産論の入り口のシリーズ。@転職、@仕事の話題を毎月末に連続出版予定。リンクは著書紹介ページまたは、下の標題、表紙写真から。
@転職

そだねえ@転職1「自意識過剰だよ!」  Amazon Kindle 2018/7/22
そだねえ@転職2「君もやめるのか!」  Amazon Kindle 2018/9/30
そだねえ@転職3「若いうちにやれ!」  Amazon Kindle 2019/1/31

@仕事

そだねえ@仕事1「DIYも段取り八分!」  Amazon Kindle 2018/8/31
そだねえ@仕事2「仕事は考えてやれ!」 Amazon Kindle 2018/10/31
そだねえ@仕事3「えっ、もう帰るの?」 Amazon Kindle 2018/11/30
そだねえ@仕事4「テキトウ計画は、ノー!」 Amazon Kindle 2019/02/28出版予定

2018/3/31に、以下の既出版物の全面改訂第2版をAmazonから出版。世代別の人間関係資産論。リンクは著書紹介ページまたは、下の表紙写真から。左から、(1/5)~(5/5)
若手ビジネスマン(20,30代)向
「人脈は飛躍のバネになる!」(1/5)~(5/5)

中核ビジネスマン(30,40代)向「人脈を活かせ、増やせ!」(1/5)~(5/5)

円熟ビジネスマン向(40~60代) 「人脈を掘り起こせ、息をさせろ!」1冊

シルバー世代(60代以上)向「人脈をムダに捨て去るのか!」(1/5)~(5/5)

2018/1/15に改訂出版「人間関係資産論」第2版


2018/2/5,9に改訂出版 人間関係資産論:体験記シリーズ11~7

「人間関係資産論:体験記シリーズ1: 初めての転職!第2版
「人間関係資産論:体験記シリーズ2: 最大の修羅場!第2版
「人間関係資産論:体験記シリーズ3: 出戻りもアリ!第2版
「人間関係資産論:体験記シリーズ4: 気合いは仕事師!第2版
「人間関係資産論:体験記シリーズ5: 最後ぐらいは独立!第2版
「人間関係資産論:体験記シリーズ6: 独立コンサル仕事と人間関係第2版
「人間関係資産論:体験記シリーズ7: 転職の総括とアンケート結果第2版

Blog

東京駅入り口

北口、南口の天井のドームは、まったく同じに見えるのですが、詳しくは、どういうことなのでしょうか? 無粋な私は、ただ、きれいだなあと思うのみです。

東京丸の内、KITTEの中で

2月初旬、夕方のKITTEの中。すっかりモダンになったんですね。

東京駅から皇居方向

2月初旬の冬夕景です。

東京駅冬の夕景

2月初旬の東京駅夕景です。

春の足音が

数日前に、河津桜の下見に行った、三浦海岸駅近くの小松ヶ池公園の中の遊歩道です。池の周りに設けられた遊歩道は、初めて来て、歩きました。寒桜時だけでなく、新緑、夏、秋と、また来たいと思いました。

PAGETOP
Copyright © 人間関係は資産 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.