先に本ブログの(その4)で描いたように、英語版の準備は、下記手順でほぼ文章単位で進めています。
日本語版作成/確定>Google翻訳>英語化>確認・手直し>英語版
まさに「Google翻訳」にほとんど全面的に頼っている訳です。

一通り全文を英文化しましたが、出来上がりの英文を同じく、「Google翻訳」で日本語の戻すと、原文とは異なる意味にしか取れないものも多くて困っています。
これは、「Google翻訳」の翻訳品質そのものの程度によるとしかいいようがありません。
特に、少し長文のもの、構文が複雑なもの、主語、述語が暗黙的なものなど、原文の複雑なものは要注意です。
本書の出版予定日(私の誕生日、7月22日)までには少し時間があるので、下記の作業でもう少し翻訳品質向上を図るつもりです。

英語版>Google翻訳>日本語化>原文との照合チェック>必要手直し(英語の)

これは、キリのない作業ですが、少しでも品質アップしてみようと思っています。とんでもない英語の電子書籍にしてはみっともないので、・・・。
(2017/6/20  管理人 井野)