英語版の準備は、下記手順でほぼ文章単位で進めています。

日本語版作成/確定>Google翻訳>英語化>確認・手直し>英語版

まさに「Google翻訳」にほとんど全面的に頼っている訳です。
これが、どの程度の翻訳をするのか、例文で紹介します。

日本語原文:「人間関係は資産である!」と言うと、とても違和感を持つ人が多い。
Google翻訳の英語:Many people have a very uncomfortable feeling when saying “Human relations are assets!”
この翻訳英語をGoogle翻訳で日本語に戻すと:「人間関係は資産だ」と言われると、多くの人が非常に不快感を感じます。

この翻訳をどのように評価するかは人によってかなり異なるかも知れません。
私は、文意が間違えていなければ、多少のニュアンスの違い、文章構成などにあまりこだわらないで採用することにしました。そもそも、私の英語力が拙いことが最大の理由ですが、今回は、とにかくアルファベットにして大きな考え方が英文になっていればよしと割り切ることにしました。
今年の夏には、英語版と日本語版をAmazon Kindleで同時出版しようと思っています。
(2017/6/11 井野)